Skip to content →

歯垢には虫歯菌が存在しているため

定期検診は年に1回から2回は行って、かかりつけの歯科を決めることでカルテを保存しておいてもらい、歯の健康管理をしてもらいましょう。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば全く別々の病気でしかありませんが、実はとても関わりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が落ちますので、口腔内にいる細菌に歯周組織がたやすく感染し、その結果として歯周病にも簡単にかかってしまうのです。

また、糖尿病の患者は唾液の分泌量が減るので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、これが理由となって歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと予想されます。

血糖値が高いことは普通、自覚することができませんので、まさか自分が糖尿病だと気付けなくて当たり前なのですが、歯周病と診断されたことで血糖値が異常であることに気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は全身の健康状態に影響を与えるという説もよく聞きますので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

インプラントとは、分かりやすく説明すると失われた歯を補う技術のことです。

歯周病など口腔疾患がもとで人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるわけです。

インプラントは保険が効かないのでとても費用が高く、1本の価格は20万円~40万円もしてしまいます。

そんなにバカ高いのかとお思いかもしれませんが、インプラントはその技術を導入するために初期費用がかなりかかるため、仕方ありません。

インプラントが凄いのは、入れ歯やブリッジとは違い、周囲の歯にかかる負担を減らすことができるという点です。

真面目に経営している歯科医であればきちんと費用や効果について解説してくれますので、治療を受ける前に十分話を聞いて、納得してから治療を受けましょう。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは自分で何もしなくていいも1つの選択肢ですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者専用のマウスピースをまず作り、その中に薬剤を入れたものを週に5回ほど、90分くらい装着することで行います。

ホワイトニングは通常、10日から20日程度で白くなったと感じるのが普通ですが、毎日マウスピースをはめていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、結果が出なくても誰も責められません。

Published in 未分類